ご挨拶

ご挨拶

 当社は、情報化社会の掛け声が本格化しようとする昭和57年7月、鈴鹿富士ゼロックス株式会社の協力会社として当地に誕生いたしました。

 幸い、情報機器産業分野の進展と、勤勉な人材、そして業界屈指である富士ゼロックスマニュファクチャリング株式会社の絶大なご支援に恵まれて、創立33周年を経た今日、年商11億7千万円の企業にまで成長することができました。関係各位へ厚く御礼申し上げる次第です。

 いまや当業界も、アナログからデジタルヘと、ますますその市場を拡大するとともに、多種多様な情報機器が新たな二一ズを呼び起こしており、当社の業務もより高度で多彩な領域に対処することを求められております。こうした要請に応えるため、当社では年ごとに優秀な技術力を備えたサービス体制の充実に努め、社業の発展を追求してまいりました。
しかしながら企業のあゆみが、従業員一人ひとりの豊かな暮らしの実現をともなわなければ、その発展は空しいものであると言わざるをえません。充実した社員福利・厚生制度が、求められるゆえんです。

 当社では、創業以来、一貫して社員生活の質の向上と活力の養成を企業理念として掲げ、明るく働きやすい職場づくりに取り組んでまいりました。そうした努力こそが、当社の社会的貢献と信頼を形づくってきた根幹であると確信しております。
 従業員が一丸となって幸福を追求する若々しい当社に、さらに多くの人材が結集し、よりよい未来を切り開くことができるよう願って止みません。

皆さまの一層のご理解とご支援をお願い申しあげます。